この世界の(さらにいくつもの)片隅に

DSCN9906 (640x480).jpg
前作でカットされた部分を織り込んだほぼ原作通りの筋書きなので
原作のファンであれば満足出来る仕上がりです。
絵は相変わらずきれいですが、上映時間が3時間近くになるので
シネコンとかでは上映回数が増やせないデメリットもあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ごろー。
2020年02月12日 19:21
戦争中といっても、空襲とかがない時間って、普段通りの時間が流れているんですものね。
その対比が人間の営みの悲しさを訴えかけてくるのだと思います。

いい映画は、足しても引いてもいい映画になる。
そう思いますがどうですか?
くびき野
2020年02月12日 22:45


>ごろー。さん
>
>戦争中といっても、空襲とかがない時間って、普段通りの時間が流れているんですものね。
>その対比が人間の営みの悲しさを訴えかけてくるのだと思います。
>
>いい映画は、足しても引いてもいい映画になる。
>そう思いますがどうですか?

ですねえ。
戦時中のゆるい田舎生活をちゃんと描写している一方で
空襲もものすごく緻密です。
私はF-13(B-29の写真偵察機)が出てきたときに
腰抜かしそうになりました。
普通の人は知らない飛行機ですから。