381作戦 中編その1

倉敷で下車、橋上駅舎ですが観光地らしくちょいとレトロな外観みどりの窓口券売機改札口倉敷駅は山陽本線と伯備線の分岐駅なのでけっこう出入りが多いです。駅ナカも充実駅前の商業ビル西よりにある水島臨海鉄道三菱自工のアクセス鉄道みたいな路線倉敷駅周辺では思ったより三菱車が多くないです。中国地方らしいです。観光客の多い美観地区倉敷駅から徒歩10分程…

続きを読むread more

381作戦 前編

秋の遠距離侵攻作戦420Mで出発します。富山では予想外に乗車が少なかったです。金沢駅の乗り換え改札では「つるぎ701号」からの利用者で混みあっています。3連休初日でもあり「サンダーバード6号」は12両のフル編成指定席は完売ですが、福井までは空きがありました。琵琶湖はいい天気新大阪から「のぞみ7号」こちらも指定席完売繁忙期にありがちな自由…

続きを読むread more

第28回 日本海クラシックカーレビュー その5

ミニカ・ピックアップこちらはセダン初期のジムニーミゼットも登場ケンメリGT-RのフューエルフィラーはCピラー左にあります。右側はキャビン抽気ダクトの出口ブローバイが外してあったGT-BのG7型ワゴンは数が少ないと思われます。特別展示のロータス99T茂木からのお客さんです。マクラーレンMP4/6当時スポンサーだった集英社が少年ジャンプの名…

続きを読むread more

第28回 日本海クラシックカーレビュー その4

今回はクジラさんも多数来場しています。空冷ホンダZ後期型は水冷でWBが80mm伸びています。ライフ・ツーリングエンジンが2キャブ仕様の高性能版マツダコーナーコスモスポーツが来ていないのが残念です。えらくきれいなコンテッサエアコン付きです。プリンスのグロリアと日産時代のグロリア

続きを読むread more

糸魚川ルーティーンの旅 前編

毎年恒例、今年も1722Mで出発。小出周辺は雲が出ています。北越急行の六日町駅に列車運行モニターが設置されていました。列車番号まで表示されています。824Mに乗車。3分ばかり遅れましたが問題ありません。直江津から1632D本日は学生の姿が少ないです。この後到着した1324Mからの乗り換えで当然のごとく通勤電車状態になります。糸魚川到着、…

続きを読むread more

8月31日の羽越本線820D

新発田市近郊に出かける機会があり、ついでなのでキハ47の3連で運転される(はずの)820Dを撮影したらGV-E400の3連でした。8月後半から羽越本線の交流区間にもディーゼル・エレクトリックの新型車両が投入されています。

続きを読むread more

青春18きっぷ 19Sm⑤ 福島ローカル線の旅 後編

329Dに乗車、4分ばかり遅れていました。単行のキハE130は通勤電車状態郡山まで1時間立ちっぱなしです。郡山から3235Mこちらは問題なく座れます。会津若松到着、本日は「SLばんえつ物語号」の運転日なのでちょっと迷いました。フルーティア編成が入線磐越西線で運転される唯一の719系になりました。最後は233D普段であれば喜多方過ぎるとガ…

続きを読むread more

青春18きっぷ 19Sm⑤ 福島ローカル線の旅 中編

磐城浅川駅で下車します。中央線の浅川駅(現・高尾駅)と区別するために磐城がつけられています。駅舎は昨年建て替えられた新しいもの。駐輪場駅前にあるパーク&ライドの駐車場待合室POS端末のある有人駅近年は列車運行モニターのある駅が増えています。浅川町のメインストリートかつての国道118号です。現在の国道118号は東側に迂回する形になっていま…

続きを読むread more

青春18きっぷ 19Sm⑤ 福島ローカル線の旅 前編

本来は羽越本線ルーティーンのはずでしたが、「きらきらうえつ」の指定券が異常な人気で全然取れないので変更しました、220Dで出発します。早朝の会津エリアはあまり天候が良くなかったです。阿賀川も濁っています。会津若松から1226M郡山到着、こちらはいい天気324Dで久しぶりの水郡線です。東海道本線の守山駅とえらい違い。水郡線と並行するのが国…

続きを読むread more

青春18きっぷ 19Sm④ らき☆すた商店街 後編

鷲宮駅前にある昔なつかしい駄菓子屋「らき☆すた」のポスターが掲示してあります。商店街にはらき☆すた」タペストリーもメニューが「らき☆すた」状態の食堂もありました。鷲宮神社の前にある茶屋当然ここも「らき☆すた」です。昼過ぎの列車で戻ります。久喜に戻り、市街地に出ようかと思ったらこの後、夕立が酷くなったので中止。2539Yに乗車します。大宮…

続きを読むread more

アルキメデスの大戦

かなり面白い映画です。 冒頭部分に大和の戦闘シーンが出てきますが、これはつかみの要素が多く、ストーリー全体は会話劇です。芝居の出来る俳優を集めると面白い映画になるというのを証明するような出来になっています。令嬢役で登場する浜辺美波は清楚で可憐、「ピュア!」の腹黒アイドル黒薔薇純子と同じ人物に見えません。もしかしたらスゴイ女優かも。 …

続きを読むread more