テーマ:水上戦闘艦

第二次大戦駆逐艦総覧

年末年始に図書館から借りた本です。アメリカ、イギリス、日本、ドイツ、イタリアあたりは知られていますがアルゼンチンやチリの駆逐艦なんて日本ではほとんど知られていないでしょう。

続きを読むread more

アルキメデスの大戦

かなり面白い映画です。 冒頭部分に大和の戦闘シーンが出てきますが、これはつかみの要素が多く、ストーリー全体は会話劇です。芝居の出来る俳優を集めると面白い映画になるというのを証明するような出来になっています。令嬢役で登場する浜辺美波は清楚で可憐、「ピュア!」の腹黒アイドル黒薔薇純子と同じ人物に見えません。もしかしたらスゴイ女優かも。 …

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ 2019 その2

DDG‐89「マスティン」も公開されています。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のフライトⅡAに所属するタイプで後部にヘリコプター2機収容可能な格納庫が設置されているのが特徴。着艦拘束装置にカバーがかけてあります。士官と記念撮影する人あり前甲板への移動は格納庫を通る形格納庫扉は海自のシャッター式と違い、折り畳み式のごついタイプ弾片には多少…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ 2019 その1

毎年恒例のイベントです。今年も暑かったですが、横須賀周辺はいくぶん風があり日陰ならまあまあ快適でした。今年はDD101「むらさめ」が公開されています。開場30分くらいでしたがすでに行列思ったより回転は早かったです。前甲板のVLS搭載するのは発展型シースパローことESSMとアスロック76ミリ砲後部ハッチが解放されて装填用ランマーが見えまし…

続きを読むread more

DDG-175「 みょうこう」

7月の3連休に合わせ、舞鶴の第三護衛隊所属のDDG175「みょうこう」が新潟に来航しています。去年は最終日に駐車場の順番待ちで大渋滞したので今年は早朝に出動、楽々でした。8時半過ぎに乗艦開始ですが、それでも握手会な行列。ハープーンSSMは定数8発ですが、大抵の護衛艦は定数通り搭載されていません。艦橋海自のイージス艦は旗艦施設があるのでア…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ2018 後編

当日はアメリカ海軍のイージス駆逐艦 DDG‐65ベンフォールドも甲板が公開されています。 長期の航海の後だったようで舷側の汚れが目立ちました。 後部甲板での物品販売 作業のデモ風景 装備品の展示 DDG‐65はアーレイ・バーク級の初期型なので ヘリコプターの発着は可能ですが格納庫がないので 整備は出来…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ2018 前編

毎年8月の第一土曜日に行われるイベントです。 今年は公開される艦艇が少なかった感じでした。 横須賀の住人「しらせ」は今年も公開されています。 海側に停泊していた高橋みなみ こちらは公開されませんでした。 SH‐60の地上展示 こちらは行列 今年も多くの出店がありました。 暑かったので冷たいものが売れたでし…

続きを読むread more

DDH181 ひゅうが

7月の新潟海フェスタに合わせ、第三護衛隊所属の DDH181「ひゅうが」が舞鶴から来航、14~16日に一般公開されています。 最終日の16日なので安全かと思ったら 駐車場まで長い行列、途中であきらめて 別の場所にクルマを投げて徒歩で埠頭まで移動しました。 乗艦の順番もこれまた行列。 幕張メッセの乃木坂46握手会み…

続きを読むread more

陸奥の16インチ砲

ヴェルニー公園に展示されている旧帝国海軍 戦艦陸奥の主砲 以前は船の科学館に展示されていたものですが、 2016年に譲渡され、当地で展示されています。 聖博物館の展示品と違い、マズルキャップが装着されていて ライフリングを見る事は出来ません。 説明のプレート QRコードが付いているのは今風です。 日本海軍の大…

続きを読むread more

ヴェルニー記念館

横須賀駅前にあるヴェルニー公園内に設置された博物館 独特の形の屋根に特徴あります。 フランスの造船技師ヴェルニーに 関連した展示がメインになっています。 蒸気ハンマー 金型 館内には横須賀や造船に関連した 資料も所蔵しています。 資料閲覧用のPC端末 長門の模型も展示されています。

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ2017 後編

AGB5003「しらせ」に行きましょう。 後部のヘリコプターデッキと格納庫で展示が行われています。 暑いので南極の氷は人気でした。 パワープラントの解説もあります。 「しらせ」は海自の艦艇で唯一の統合電気推進艦。 ペンギンさんもいました。 航海艦橋へ 設置してある65式測距儀欲しいです。…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ2017 前編

毎年8月の第一土曜に行われるイベントです。 今年は大型艦が出払っていたので若干地味目でした。 ASE6102「あすか」 艦艇の装備品の搭載テストをする試験艦 前甲板VLSの上にどういう理由かSAM発射筒が装着されています。 艦橋上部には4基のフェイズドアレイレーダーが 装備されていましたが、前側のものは取り外され…

続きを読むread more

DD130 まつゆき

7月22~23日に第14護衛隊所属のDD130「まつゆき」が 舞鶴から新潟に来航しました。 23日は朝からあいにくの雨で、一般公開の順番待ちでも びしょ濡れになってしまいました。 陸自の第30普通科連隊の車両も展示 雨なので大変そう。 現在、アスロックのボックスランチャーを装備するDDは 「はつゆき」「あさぎり…

続きを読むread more

DDH181 ひゅうが

9月24~25日、第3護衛隊に所属する DDH181「ひゅうが」が定係港の舞鶴から 新潟市東港に来航しました。 油断してゆっくりしていたら東港到着が13時を過ぎ 行列の後ろになってしまいました。 ステルス対策で作業艇の取り出し口に シャッターが取り付けられています。 救命いかだにもステルス対策。 乗艦口が…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ2016 後編

最後はAGB-5003「しらせ」 護衛艦は軽くするために船体外板がペラペラですが、 「しらせ」は砕氷艦なので喫水付近の板厚が極めて 厚くなっています。 後部ヘリコプターデッキに展示された南極の石。 スノーモビルはこのフネらしい装備です。 大型の格納庫 ペンギンさんがいました。 南極の氷は冷たく…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ 2016 中編

「いずも」の艦橋を後方から見るの図 前部にあるのが航海用艦橋、後部にあるのが 航空管制用で、大型のレドームは衛星通信用です。 飛行甲板から格納庫へ降ります。 後部エレベーターは舷側タイプで 右舷に装備されています。 車両展示もありました。 こちらは高機動車 PAC3のミサイル運搬車 カレーの前に…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ 2016 前編

毎年恒例の夏のイベントです。 今年はカレンダーの関係で8月6日開催でした。 DDH-183「いずも」 海上自衛隊の空母型護衛艦の第2シリーズ。 前級の「ひゅうが」よりさらに巨大化していて 「駆逐艦」と呼ぶのは無理がありすぎます。 今年もAH1Sが展示されていました。 暑いので冷水が無料配布されています。 …

続きを読むread more

DD156 せとぎり

第7護衛隊に所属する護衛艦「せとぎり」が 7月17~18日にかけて新潟に来航しました。 当初の予定ではDDG172「しまかぜ」も来航 するはずでしたが、キャンセルされています。 9時からの一般公開でしたが、8時半の時点で かなりの行列でした。 9時を過ぎたらこの状態。 DDの主要対潜兵器であるアスロック…

続きを読むread more

海軍装甲技術史

2007年初版 この手の本が図書館に置いてあるのは非常に有難いです。 借りる人は少ないでしょうねえ。 帝国海軍の装甲板の製造史をまとめたもので、 「金剛」に使われたヴィッカースVC甲板が多くの影響を 与えているのが分かります。 兵器に興味なくても焼き入れ・焼き鈍し・浸炭などの 工程に興味のある人なら楽しめる内容です…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ 2015

8月1日に横須賀基地で行われた恒例のイベントです。 DDG174「きりしま」 海自初のイージス護衛艦こんごう級の2番艦です。 先日DDG175に乗ったので本日は行列をパスします。 陸自のAH-1Sも展示されていました。 本来なら後継のAH-64Dで置き換えられる機体でしたが、 無意味なライセンス生産でAH-64Dは機…

続きを読むread more

DDG175 みょうこう

7月11~13日にかけて第7護衛隊所属の イージス護衛艦「みょうこう」が直江津港に来訪しています。 米海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦を参考にしていますが マストがごちゃちゃしていてステルス性で見劣りします。 艦橋見学には長い行列が・・・ ℃‐uteのインストアイベント状態です。 あまりにも待ち時間が長いの…

続きを読むread more

ヨコスカ・サマーフェスタ2014 その2

吉倉岸壁で公開されていたDD107「いかずち」 「むらさめ」の同形艦で21世紀に入って就役しています。 こちらもSSM発射筒は3連になっていました。 近くで見た後部VLS ミサイル装填用のクレーンが前部に装備されています。 「むらさめ」より「いかずち」の前部VLSの方が上手く撮れました。 76ミリ速射砲を…

続きを読むread more

ヨコスカ・サマーフェスタ2014 その1

8月2日に海上自衛隊横須賀基地で行われたイベントです。 都内から電車一本で行ける手軽さもあり、今年も 多くの来客で賑わいました。 SH60Jの機内が公開されていましたが、 新潟で見たので今回は省略。 逸見岸壁で公開されていたDD101「むらさめ」 90年代後半に整備された汎用護衛艦です。 観客向けサービスで…

続きを読むread more

DD155 はまぎり

7月21日の海の日に合わせて第15護衛隊所属の DD155「はまぎり」が大湊から新潟に来航しました。 午前中の新潟は雨でしたが午後の一般公開の頃には 晴れて撮影には悪影響はありませんでした。 連休初日の午後なので来訪者も多いです。 前部マスト中段にあるのが3次元対空レーダー、 竣工当初は2次元レーダーを装備していまし…

続きを読むread more

ヨコスカ・サマーフェスタ2013 その2

SS590「おやしお」も艦内公開されました。 ただし、事前に応募した中からの抽選ですから、当然 私が乗れるはずもありません。 どのみち潜水艦は狭いですから乗っていても あまり楽しくなさそうですが。 海自の最新汎用護衛艦DD116「てるづき」へ 後甲板にあるヘリコプター管制室 カナダ製のヘリコプター着艦拘束装…

続きを読むread more

ヨコスカ・サマーフェスタ2013 その1

毎年夏に横須賀基地で行われる恒例のイベントです。 砕氷艦「しらせ」(Ⅱ) 海上自衛隊が運用する最大級の電気推進艦艇です。 後ろ側にちょっとだけ見えるのはDD110「たかなみ」 人気が高いようで艦内見学は30分待ち。 今回はパスします。 SH-60Kの地上展示。 各種センサー類を撮影するマニアさんが多いです。 …

続きを読むread more

DE233 ちくま

大湊を定係港にする第15護衛隊所属のDE「ちくま」が7月20~21日に 新潟港で一般公開されました。 DEは護衛艦隊用のDDより小型で、沿岸地域を受け持つ地方隊向けの 低コスト仕様ですが、一通りの対艦・対潜装備を持っています。 艦番号にはJR車両の系列に似た規則性があり、予備知識があれば 主要な用途なども分かります。 …

続きを読むread more

休日おでかけパスで撮影旅行 横須賀編その3

「いせ」の飛行甲板から米軍艦船も見えます。 CG67「シャイロー」 巨大な艦橋が印象的なイージス巡洋艦。 並んでいるのは第7艦隊旗艦LCC19「ブリーリッジ」 手前からDD103「ゆうだち」、DD105「いなづま」、 DDG177「あたご」、DD115「あきづき」 DDH144「くらま」 はるばる佐世保から…

続きを読むread more

休日おでかけパスで撮影旅行 横須賀編その2

DDH182「いせ」 DD(護衛艦、アメリカなら駆逐艦)の呼称が付けられていますが、 実態はヘリコプター空母です。 15000トン近い排水量があり、海自の水上戦闘艦では最大です。 海自はさらに大きい19500トンクラスのDDHも予算確保済み。 (20000トンを切るのがお役所仕事らしいです) 格納庫には「いせ」司令部…

続きを読むread more

休日おでかけパスで撮影旅行 横須賀編その1

14日の観艦式に合わせ、海上自衛隊横須賀基地では 一般公開がありました。 普段は見学に予約が必要ですが今日は不要。 入り口にある海自初のミサイル護衛艦「あまつかぜ」の推進器。 歓迎のゲートもありました。 手荷物検査の行列。 危険物持ち込み禁止で金属探知機のゲートを くぐる必要があります。 来訪中のシン…

続きを読むread more