テーマ:航空機

V107Aヘリコプター

小矢部市のクロスランドおやべ内に展示されています。以前は内部の公開もあったようですが現在は中止されています。説明パネル川重製の機体なのでKV107の方が通りがいいです。アメリカ海兵隊でいう所のCH-46ですな。後部ランプ屋外展示なので閉じられています。

続きを読むread more

秋田空港

由利本荘市との境界近くにある空港高速ICから近く、交通アクセスはそこそこ便利です。ATC駐車場の利用者が多かったです。空港ビルへの連絡通路窓口図書館が有名な国際教養大学には空港からのバスも運行されています。観光パンフレット搭乗手続きが始まっていました。カフェ&レストラン展望デッキには子供用遊具もありました。

続きを読むread more

新潟空港

新潟市内にある空港でおそらく日本海側では一番立派な空港と思われます。この日は台風19号が接近していて、運休する便が多かったですが駐車場は利用率が非常に高く、会津ナンバーも目立ちました。ATC国内便は全滅ガラガラ構内は広いです。撮影スポットも多数設置されています。ピーチは失敗しました。国際便は飛んでいます。2Fにある空港ジオラマ模型展示か…

続きを読むread more

富山空港

またの名を「富山きときと空港」おいしい山形同様、意味不明です。市街地南にある国道41号から入った場所で北陸道の富山ICからも近くて便利です。ATCターミナルビルに近い駐車場は有料ですが遠い場所は無料富山以外に飛騨ナンバーも目立ちました。ちょうどANA313便が到着した直後でした。案内所展望デッキは無料です。レストランまだ9時台なのでお客…

続きを読むread more

ヨコスカサマーフェスタ 2019 その1

毎年恒例のイベントです。今年も暑かったですが、横須賀周辺はいくぶん風があり日陰ならまあまあ快適でした。今年はDD101「むらさめ」が公開されています。開場30分くらいでしたがすでに行列思ったより回転は早かったです。前甲板のVLS搭載するのは発展型シースパローことESSMとアスロック76ミリ砲後部ハッチが解放されて装填用ランマーが見えまし…

続きを読むread more

庄内空港

三川町と酒田市の境界にある空港です。地理的には鶴岡と酒田の中間地点という感じ。ATCは空港ビルの右側まだ早い時間帯ですが駐車場の利用が多いです。またの名を「おいしい庄内空港」案内窓口構内店舗の開業時間のようです。搭乗手続きのカウンター展望スペースは近年になって無料化されています。双眼鏡も無料です。ANA393は7時50分に到着、737は…

続きを読むread more

UH‐1H

水戸市の内原ヘルスパーク内にある 公園に展示されています。 陸自で使用された機体はほぼ富士重工製。 説明プレート 「ひよどり」というニックネームは ほぼ忘れさられています。 キャビンを開放する時があるようです。

続きを読むread more

信州まつもと空港

松本市郊外にある空港です。 定期便が少なく、のんびりしたローカル空港。 ATCは空港ビルの向かって左側 無料なせいか利用者が多い駐車場 午前中に定期便がないので10時くらいだと まだ客もいません。 フライトシミュレーターがありました。 地場産展示コーナーに何故かE7系、E353系、198系の…

続きを読むread more

アヴロ・ヴァルカン

2019年初版 先日BS‐TBSで「007 サンダーボール作戦」が 放送されたのに合わせた訳でもないでしょうけど。 世界の傑作機ではNo.72ですでに登場している機体ですが、 ネタがないのか編集者の趣味なのかは不明です。

続きを読むread more

ハンドレページ・ヴィクター

2018年12月初版 3VボマーではNo.72にバルカンが登場していて ヴィクターは2番手になります。 バルカンに負けずスタイリングに特徴ある 機体ですが、日本での知名度は相当落ちるでしょうねえ。

続きを読むread more

アブロ・バルカン B Mk.2

初期の007シリーズでもとりわけストーリー展開が面白い 「サンダーボール作戦」冒頭に実物のバルカン爆撃機が登場します。 基地や離陸シーン、コクピット内の撮影にはRAFの 協力があったでしょう。 多分ワディントン基地かどこかで撮影した搭乗風景 前脚部分に搭乗ハッチがあります。 デルタ翼の特異な外観がバルカンをバルカ…

続きを読むread more

マットアロー1号

「帰ってきたウルトラマン」に登場する怪獣攻撃隊MATの戦闘機 昭和ウルトラシリーズでも随一のかっこよさで、 尾翼のデザインにシーヴィクセンの影響をちょっと感じさせます。 双発複座でサイドバイサイドの座席配置 左がパイロット、1段高い右が兵器操作員(WSO) 劇中ではパイロットとWSOのポジションが固定されておらず、…

続きを読むread more

スペイ・ファントム

2017年8月初版 世界の傑作機No.82「F4ファントムⅡ輸出型」があり そちらに英軍ファントムが出ていましたが、今頃になって ブリティッシュファントムの決定版出すとは・・・ 二重投資させられているような気がします。

続きを読むread more

聖博物館・航空資料館 その3

屋外展示コーナーです。 F86Dセイバー、通称セイバードッグ 初期の全天候戦闘機でドンガラこそF86Aと ほぼ共通ですが、それ以外は別物です。 この時期はレーダー操作が煩雑なので全天候戦闘機は ヴェノムのように複座にするのが一般的で、F86Dのような 単座機は珍しいです。 鼻先のレドームにはAPG‐37が装備されていて…

続きを読むread more

聖博物館・航空資料館 その2

航空資料館に展示されているJ79 60年代のアメリカを代表するターボジェットで F104やF4に搭載されています。 展示品はF104Jに搭載されたGE‐11A。 部品説明パネルが添付されています。 エンジンの後ろ半分がアフターバーナー 排気ノズルは油圧で開閉します。 テールパイプを覗くの図 カーチ…

続きを読むread more

零式艦上戦闘機

2009年初版 先日図書館で借りた本ですが、 中々面白く読めました。 近年のゼロ戦関連本は「日本が世界に誇る云々」の 日本スゲー記述が増えていますが、この本は実戦の 戦果判定を元に評価していて、かなり公平です。 日本海軍の航空管制がアメリカに比べて大きく遅れていたのが 空中戦で損害を増やす一因だったという記述はこの…

続きを読むread more

デ・ハヴィランド シーヴィクセン

2017年初版 世界の傑作機もネタが枯れてきたようです。 同じDH社の機体でもモスキートは日本でも有名ですが、 シーヴィクセンは英海軍が使っただけの戦闘機なので 知らない人が多いマイナーな機体です。 この調子でガネットやワイヴァーンが出てきたら 英機マニアとして非常に嬉しいですが・・・

続きを読むread more

山形空港

東根市南部にある空港で国道13号と並行しており ロケーション的には国道4号と並行する花巻空港と似た印象です。 空港利用者は大した事ないという情報でしたが、週末の 駐車場はえらくクルマが多く、端っこに停めました。 愛称は「おいしい山形空港」 何がおいしいのか良く分かりません。 ターミナルビル1Fにある観光案内所 …

続きを読むread more

フェアリー・ソードフィッシュ

久しぶりに「世界の傑作機」を購入しました。 最近はマイナーな機体も取り上げる事が多い このシリーズですが、ソードフィッシュが出ても アルバコアはまず出ないでしょうねえ。

続きを読むread more

小松の春旅 後編

向かいにある小松空港へ。 小松空港~小松駅のバスは270円 片道12分くらいです。 金沢駅まで高速経由で1130円。 福井行きのバスも設定されています。 福岡行きの便まで時間があるので構内は のんびりしています。 そこそこ買い物をする人が目立ちます。 羽田と違い、運行本数が少ないので 展望台に人…

続きを読むread more

小松の春旅 航空プラザ編その5

歴代の空自戦闘機 F4がいませんねえ。 米海軍機とF1 最後のガンファイター、F8はいいですな。 ロシア・旧ソ連の機体 MiG-21はわりと好きです。 Tuー95は同じスケールのMiG-19と比べると さすがに大きいです。 ティルトローター機もありました。 センチュリーシリーズです。 F1…

続きを読むread more

小松の春旅 航空プラザ編その4

珍機、ドルニエDo28A 2基のエンジンが主翼ではなく胴体の両側に 取り付けられています。 ビーチE33 富士Tー3 ベル47G 水平対向6気筒エンジンを垂直に立てています。 航空管制シュミレータ 隣にはYSー11のフライトシュミレータがありましたが 先客がいたので止めました。 2Fは航空…

続きを読むread more

小松の春旅 航空プラザ編その3

T33の隣はF104J 西ドイツ空軍のF-104Gが好きで プラモデルを製作したものでした。 がっちりしたアルミ鍛造の主脚 軽合金ホイールもきれいに手が入っています。 初期の超音速ジェット機に多い円錐形ショックコーン 現在では可変ランプ式が主流です。 J79のテールパイプ ノズルの可変構造が分かります。 …

続きを読むread more

小松の春旅 航空プラザ編その2

小松空港の関連展示コーナー 地元のモデラーが制作した空自のF15JとF4EJ F104JとF86F 私の場合、86と言えばトヨタではなく ノースアメリカンです。 ビッカース・バイカウントが小松にも来ていたんですねえ。 こちらは旅客機モデル 小松空港のジオラマ 大きすぎてフレームに収まりません。 …

続きを読むread more

小松の春旅 航空プラザ編その1

本日の目的地、石川県立航空プラザ。 小松空港から国道360号を挟んだ向かい側にあります。 今回は行程の都合でクルマでしたが、小松駅から本数の多い 空港バスでもアクセス可能なので鉄道との相性も悪くありません。 屋外展示されているHSS-2B 本家アメリカ海軍では4軍機種記号の統一で HSS-2からSH3に変更されていま…

続きを読むread more

イリューシンIL‐76

1992年撮影 かつて新潟空港にはアエロフロートが乗り入れており、 日本では中々お目にかかれないロシアの機体を見る事が出来ました。 IL‐76もそのひとつで、当日はカーゴルームに装備された天井クレーンで クラウンを搭載するシーンを見る事も出来ました。 航法支援システムが整備されていない辺境での運用も考慮されていて、…

続きを読むread more

ブラックバーンと言えば・・・

連続テレビ小説「花子とアン」に登場する修和女学校の 校長は「ブラックバーン」なる人物ですが、私の場合は イギリスの航空機メーカーをイメージします。 写真はタミヤ1/100ミニジェット ブラックバーン(のちホーカーシドレー/BAe)・バッカニア攻撃機。 戦後イギリス海軍がレーダーの効かない低空用の対艦攻撃機を構想し、…

続きを読むread more

悲劇の発動機「誉」

2007年初版 高度なカタログスペックから大戦後半の日本機に多用されたものの、 実戦では悲惨な稼働率で知られる中島飛行機の「誉」エンジンに ついて書かれた決定版みたいな本です。 緻密な調査と関係者のインタビューで構成されていて、兵器モノに多い 著者の主観に頼った評価がほとんどないのも高得点です。 中川良一氏を筆頭に当…

続きを読むread more

アンフィビアスな旅 飛ばないダコタ&後編

佐渡汽船の両津ターミナル到着。 「飛べ!ダコタ」の関連商品が発売中。 こんなポスターもありました。 アニメを利用した地域振興は佐渡でも行われています。 ターミナルにある観光物産店に比嘉愛未さんのサインあり。 ターミナル周辺のレンタカーは全て予約済みで利用可能はなし、 かろうじて佐渡汽船のレンタカーに空きがあり…

続きを読むread more

飛べ!ダコタ

比嘉愛未さんの初主演映画です。 1946年に起きたC47不時着事件を元にしたストーリーで、 事件の現地である佐渡で長期ロケが行われています。 村の登場人物が佐渡弁を使ってはいますが、基本的なストーリーは 普遍性があり、必ずしも新潟ローカル映画というものでもありません。 監督が「牡丹と薔薇」の担当もした人なので、アクの強…

続きを読むread more