久しぶりの福島県立図書館

調べもので春になってから行くつもりだった福島県立図書館ですがコロナ感染予防で臨時休館になり、最近になってようやく行く事が出来ました。 同館では現在、連続テレビ小説「エール」のコラボ企画として古関裕而、古賀政男、三浦環、伊藤久雄などの関連図書を展示しています。

続きを読むread more

壇蜜じゃない旅 後編

4630Mに乗車編成がやたら長い事もあり秋田までガラガラでした。仙台地区からは撤退したキハ40ですが秋田地区ではまだ健在秋田到着、男鹿線1137Dは6両編成16時過ぎですが改札付近はガラガラです。「いなほ14号」に乗車秋田から新潟に接続する実質的な最終列車酒田まで乗車した秋田運輸区の美人車掌さん。午後の庄内地方はいい天気です。夕方の羽越…

続きを読むread more

壇蜜じゃない旅 中編

二ツ井で下車します。誰も降りないかと思っていましたが2人ばかり下車しています。二ツ井駅は戦前に建てられた木造駅舎駐輪場は大きくロータリーも広いです。みどりの窓口日中に窓口休止時間帯があります。待合室NHKが放送されていました。秋田銀行の二ツ井支店まで徒歩5分能代市二ツ井庁舎まで徒歩10分旧二ツ井町役場です。休日窓口も開かれていて、この時…

続きを読むread more

壇蜜じゃない旅 前編

今回は北へ出動423Mは新潟までガラガラでした。新潟車両センターに留置されているE257系踊り子仕様「いなほ1号」に乗車します。「とき301号」から乗り継ぐ人はまだ多くないです。村上も雲多し遊佐も雲がありましたが、鳥海山は見えます。秋田到着、駅前の整備が進んでいます。指定席券売機は一部が使用停止になっていました。「つがる3号」に乗車しま…

続きを読むread more

青空フリーの閑散旅 後編

豊橋鉄道の1800系には東急7200系時代の扇風機が残されています。もちろん冷房車です。終点の三河田原駅で下車モダンな造形の駅舎で、設計したのは安藤忠雄のおっちゃん。外壁がコンクリートうちっぱなしでないのはらしくない?田原交流ひろばとの複合施設になっています。図書館へは隣の神戸駅の方が近いです。2Fにあるラウンジ利用者が何人かいました。…

続きを読むread more

青空フリーの閑散旅 中編

新城で下車、戦前に建てられた木造駅舎です。券売機みどりの窓口自動改札はありません。待合室に古いブラウン管テレビがありますが現在は使われていないようです。駅前ロータリーは現在工事中駅から少し離れた場所に大きな駐輪場があります。市役所までは徒歩10分程度です。532Cで戻ります。豊橋で豊橋鉄道に乗り換えます。のんびりしていたら発車ギリギリに…

続きを読むread more

青空フリーの閑散旅 前編

ほぼ2か月ぶりの電車旅です。1820Mに乗車ガラガラほぼ永野芽郁ちゃんだけでした。中津川から2710Mダイヤ改正で名古屋側に313系が連結されるようになったようです。金山で乗り換え回送列車683系が通過していきます。しらさぎ号はほぼ681系ですが一部に683系の運用があります。3514Fに乗車予想通りそれほど混んでいません。この日の愛知…

続きを読むread more

今川駅

村上市にある羽越本線の駅です。ホームに小さな待合室があるだけの簡素な駅下りホームにある待合室券売機もありません。上りホームから村上方向を見るの図カーブの中間みたいな場所にある駅です。

続きを読むread more

はね駒

BSプレミアムでリバイバル放送中 34年前にリアルタイムで見ていますが懐かしい再放送も見ています。斉藤由貴も渡辺謙も若いですねえ。情報によれば7月には完全版DVD‐BOXも発売されるようです。

続きを読むread more

桑川駅

村上市にある羽越本線の駅で、道の駅「笹川流れ」に併設されています。羽後岩谷駅や岩城みなと駅にも通じるロケーション駅自体は窓口もない無人です。ホームJT「海里」の停車駅で、ホームにある待合室がリニューアルされています。

続きを読むread more

越後早川駅

村上市にある羽越本線の駅です。東海道本線の早川駅と区別するため「越後」が付けられています。券売機の類いはありません。複線区間にある駅以前は待避線もあったようです。

続きを読むread more

安積永盛駅

郡山市にある東北本線と水郡線のジャンクション駅古い木造駅舎が現役です。駐輪場跨線橋は駅の裏手を通る国道4号に接続みどりの窓口券売機待合室

続きを読むread more