悲劇の発動機「誉」

2007年初版
画像

高度なカタログスペックから大戦後半の日本機に多用されたものの、
実戦では悲惨な稼働率で知られる中島飛行機の「誉」エンジンに
ついて書かれた決定版みたいな本です。
緻密な調査と関係者のインタビューで構成されていて、兵器モノに多い
著者の主観に頼った評価がほとんどないのも高得点です。

中川良一氏を筆頭に当時の中島飛行機の若いエンジニアが多数登場しますが、
これらの人は戦後、プリンスや富士重工、ホンダで活躍していますから
戦後の日本車に興味のある人にもおすすめです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック